いいモノ調査隊
どこからどう見てもたまご。いや実際、殻はホンモノのたまごなのに、割ってみると、プリン。不思議でかわいいこのプリンを調査隊員が試食しました!

たまごを割ったら中身はまるごとプリン! えっなんでなんで!?

通販ページの写真を見て、これは食べてみたい! 贈り物にもいいかなーと思って注文しました。北坂たまごの「たまごまるごとプリン」です。これ、見た目は普通のタマゴなんですけど、割ると中身がプリンになってるんです。カラはもちろん本物ですし、プリン液を注入するための穴やすき間などもありません。不思議なタマゴなのです。

北坂たまご たまごまるごとプリン

普通に売られているタマゴと同じような入れ物です。作っているのは、タマゴを生産している北坂養鶏場というところ。プリンというよりは、タマゴづくりのプロなんですね

今回のためにタマゴスタンドも用意して、通販サイトのような感じで写真を撮ろうと思っていたんですけど、箱の裏面に書かれていた食べ方を見ると、どうやらそれは難しそうで…。

たまごスタンドに置くとすごくいい感じですね。解説をよく読んでから食べることをオススメします

たまごスタンドに置くとすごくいい感じですね。解説をよく読んでから食べることをオススメします

販売元がオススメする食べ方は、プリンをタマゴからすべて取り出して、お皿にあけて食べる方法なんですね。うーん味気ない…と思って、今回はタマゴを半分に割った後、プリンをくりぬきつつ食べました。

別途ついているシロップをかけていただきます

別途ついているシロップをかけていただきます

プリン自体は、市販のプリンよりも味はうすいです。でもタマゴが好きなら結構いけると思いますよ。シロップと一緒に食べると甘さもちょうどよくなります。

これ、ホントにどうやって作ってるんだろう…といろいろ調べたら、どうやらタマゴを割らずに中身だけかき混ぜ、そのまま低温加熱してプリンのような状態にしているようです。うーん、読んでもよく分かりませんね!

まあとにかく、まさにタマゴまるごと。というかタマゴそのものだったんですね。

という訳で、見た目の楽しさもあいまって満足度上々なプリンでした。贈り物としてもステキだと思いますよっ。

かややん

かややん

1972年、神奈川県横須賀市生まれ。任天堂ハード系専門誌「NintendoDREAM」でいろいろやってます。好きな物は任天堂と1980〜90年代のパソコン、パソコンゲーム、アーケードゲーム。Mac大好き。あとプログレッシヴロックと少女まんが。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る