レビュー
デザインを一新し、「無水調理」などの追加で調理モードも多彩に

パナソニックの電気圧力鍋は、家に届いたその日から大活躍間違いなし!

調理家電の分野で近年、電気圧力鍋が人気を集めています。電気圧力鍋のメリットは、内部に圧力をかけ、100℃以上の高温で加熱することにより、通常の鍋だと長い時間がかかる調理を短時間で行えること。そして、マイコン制御によりボタンひとつで調理を完成させられる手軽さです。さらに「圧力調理」だけでなく、さまざまな調理モードを搭載しているのも魅力となっています。

なかでも注目なのが、パナソニックの「SR-MP300」。今年7月発売の新モデルながら、価格.comの圧力鍋 人気売れ筋ランキングでは1位(2019年9月30日現在)と、すでに大人気のモデルです。


実はパナソニックの電気圧力鍋の歴史は古く、1977年に第1号機を発売。それ以降、基本性能もデザインもほとんど変えずに商品展開し、ユーザーの根強い支持を集めてきました。新発売のSR-MP300はデザインを一新。調理モードも多彩になり、より幅広い調理に対応できるようになりました。今回はそんな同モデルをお試し。調理性能と使い勝手をじっくりチェックしていきます。

<関連記事>
10年ぶりのリニューアル! 圧力調理や無水調理ができるパナソニックの電気圧力鍋

自動調理で作った角煮は食べるとホロホロと肉が崩れるほどのやわらかさに

SR-MP300の魅力は、2万円台でありながら豊富な調理モードを備えていること。圧力調理は1.7気圧(70kPaゲージ圧)の1種類のみですが、食材の水分のみで調理する「無水調理モード」、70℃と85℃の2種類の「低温調理モード」、料理の仕上げに便利な「煮込みモード」、さらに「カレー」「角煮」「黒豆」など7種類の自動調理モードまで搭載しています。

SR-MP300のサイズは幅292(約)×270(高さ)×278(奥行)mmで、重さは約3.6kg。3合炊き炊飯器くらいの大きさで、キッチンに置いてもさほど場所を取りません

SR-MP300の各パーツ。後方左から鍋、本体、ふた。前にあるのは付属品で、左からプラスチック製おたま、蒸し板、つゆ受け、計量カップです

2009年発売のパナソニック「SR-P37」。圧力を「高圧/低圧」の2段階から選べるいっぽうで、調理モードは「圧力調理」と「低温調理」の2つというシンプルさが人気でした。「昭和」を感じさせるデザインにも味があります

まずは自動調理モードで「角煮」作りに挑戦

以前、ガス式(直火式)の圧力鍋を試用した時にも作った料理ですが、その際は「角煮」をやわらかく仕上げるために、豚バラ肉の脂を落とし、肉質をやわらかくするための“下茹で”調理と、調味料を加えて味を染み込ませる圧力調理の、2度の「圧力調理」を行いました。実際その仕上がりは文句なしだったのですが、2度の圧力調理はやはりめんどうではありました。

また、他社の電気圧力鍋を試した際に1度の「圧力調理」で角煮を作ったこともあるのですが、“やわらかい”というほどの食感には至らず、「やはり角煮をしっかりやわらかく仕上げるに、は2度の圧力調理は不可欠なのかな」と思っていました。

ところが今回は「自動調理」ということで、要は“1度の圧力調理”で豚角煮を完成させるわけです。筆者的にはどんな仕上がりになるか、楽しみでもあり、不安でもありました。

手順は、豚バラ肉と調味料を鍋に入れ、自動調理の番号を入れてスタートボタンを押すだけ。鍋の内部に圧力がかかるまでの加熱時間が約20分、加圧時間が約20分、加圧(加熱)が終了してから圧力表示ピンが落ちるまで約20分と、合計約60分で自動調理終了しました。今回は、ここからつゆを煮詰めるためにふたを開けたままさらに10分「煮込み」モードで加熱。通常の鍋で調理する時はくやわらかくなるまで3時間ほどかかりますから、圧倒的な時短となります。ガス式の圧力鍋で2度加圧する際も、できあがりまで合計1時間半〜2時間ほどかかったので、それより短時間で調理は終了できています。

厚さ5p程度に角切りにした豚バラかたまり肉を鍋に投入。生姜スライスと調味料も加えます

厚さ5p程度に角切りにした豚バラかたまり肉を鍋に投入。生姜スライスと調味料も加えます

落としぶた代わりのクッキングペーパーを乗せます。「角煮コース」は圧力調理モードでの調理を行いますが、圧力調理の場合、通常の煮込み調理より鍋に入れる水の量が少ないので、具材に味をしっかり染み込ませるためにクッキングペーパーの落としぶたをするのが効果的です

肝心の角煮の食感ですが、これはほぼ文句なし! 脂身はトロトロ、赤身の部分も噛めば繊維がほぐれる1歩手前の食感になっていました。これがまさに“ボタンひとつ”でできるとなると、家庭内での角煮の登場頻度もぐんと上がりそうです。

脂身と赤身の境目に箸を入れると簡単に裂けるくらいのやわらかさに。圧力調理後に「煮込み」モードを使うことで、角煮の照り、ツヤもアップします

圧力調理/さばのみそ煮は身のやわらかさ、味の染み方ともに満点!

続いて、手動調理をお試し。レシピ集の圧力調理メニューの中から、「さばのみそ煮」を作ってみました。

さばの切り身を洗って臭みの元となる血合いや汚れを除去、キッチンペーバーで水気を取ったあと、皮目に十字の切り込みを入れたものを合わせ調味料とともに鍋に入れて調理開始

圧力調理モードで時間設定は3分に設定。実は具材を鍋に入れてふたをする時、クッキングペーパーで落としぶたをするのを忘れてしまいました。そのため圧力調理後に「煮込み」モードでつゆを10分煮詰めるところを、煮込み13分と長めに設定して最初の5分間落としぶたをしました。

というわけで、味や食感が若干不安だったのですが、結果的には味の染み具合は問題なく、さば自体も鍋でじっくりことこと煮たのと同じく、ふっくらジューシーに仕上がりました。加熱時間は調理開始から圧力表示ピンが落ちたあと煮詰める時間も含めて30分弱。通常の鍋で煮込むのと比べて特に時短になるわけではありませんが、簡単な調理設定だけでおいしいさばみそ煮ができるのは超お手軽です。

かみしめるとさばのうまみとみその甘辛さが口に広がり、ごはんがどんどん進むおいしさ。圧力調理時に落としぶたをし忘れたミスを仕上げ時にリカバリーできたのは、この製品を試してみたい人には安心材料になるのではないでしょうか

無水カレーは絶品!

続いて無水調理。となると、最初に作ってみたいのは「無水カレー」です。多めのトマトとたまねぎなどの野菜をみじん切りにし、密閉状態で炒めることで野菜の中の水分を引き出し、その水分で肉など他の食材を煮るわけですが、水を使わないだけに野菜の甘み・うまみが濃厚。今回は、付属のレシピ集に載っているカレーでなく、あえて「じゃがいも、たまねぎ、にんじん、鶏肉」と超王道な食材のみを使った無水カレーのレシピをネットで見つけ、それに従って調理してみました。

鍋にざく切りにしたトマト3個、みじん切りのたまねぎ2個、薄切りたまねぎ1個、みじん切りのにんじん1本、鶏もも肉、大きめに切ったじゃがいもの順に入れていきます。この時点で鍋いっぱいの量になってしまいました

無水調理15分に設定して調理開始。実は最後にローリエの葉を入れるのを忘れたので、圧力がかかる前に1度運転停止し、ふたを開けてローリエを入れたのですが、鍋の上のほうはほとんど変化がないものの、鍋の下のほうでは、大量の水分がグツグツ煮える音がしていました

運転開始後40分くらいで圧力表示ピンが落ちた(写真上)ので、ふたを開けて溶けやすいよう細かく切ったカレールーを入れ、ルーが溶けるまで5分ほど煮込みました。ちなみにルーは最初から入れると焦げてしまうので、必ず無水(圧力)調理終了後に入れます

できあがったカレーをごはんにかけ、ひと口食べるとたまねぎのうまみが濃厚! 辛口のカレールーを使ったのですが、それでもまず感じるのは野菜の甘みで、あとからスパイスの辛さが広がります。じゃがいもがゴロゴロ入っているのが家庭的ですが、味ははっきり言って“家庭の味”を超えています。これが毎回手間なくできるのですから、子供がいる家ではヘビロテ間違いなし。ちなみに今回の食材量は、同機で作れるほぼ最大量で、カレーライス5〜6皿分、というところでした。

味はとにかく野菜の甘みが濃い! じゃがいもはふたを開けた時は最初に鍋に入れた時の形のままでしたが、中にはしっかり火が通っていて、かき混ぜる際に角がルーに溶けるほどでした

ごはんは意外にもさっぱりしゃっきりした炊き上がりに

電気圧力鍋の多くには「炊飯コース」が搭載されており、炊飯器としても利用可能。そこで、白米炊飯も行ってみました。

ご飯の炊き方はレシピ集でなく取扱説明書に掲載。本機は白米だと2〜5合の炊飯が可能で、「圧力調理」の時間を「5分」に設定します。圧力表示ピンが下がるまでの炊飯時間はわずか28分。説明書には「炊飯器で炊いたごはんとは見た目や硬さ、食感が異なり、粘りのあるやわらかいごはんになります」と書かれていますが、筆者は圧力炊飯器と比べると、むしろさっぱりしゃっきりした食感だと感じました。甘みもややスッキリめですが、これはこれで好みの味です。もっともっちりした食感が好みなら加圧時間を少し伸ばすといいでしょう。

今回は、千葉県多古産コシヒカリの新米2合を炊飯

今回は、千葉県多古産コシヒカリの新米2合を炊飯

炊き上がったごはんは、ふっくら感はやや控えめで、もちもち感もそこまで感じなかったのが意外でした。筆者個人の好みとしては、「圧力調理」時間を1分長めにしたいところです

ちなみに、本機を使って炊き込みごはんも作ってみましたが、こちらはいろいろな具材が入ったせいか、しっとりした食感の上々のできあがりでした。圧力鍋なので玄米やおこわもおいしく炊けると思います。多くの家庭に炊飯器はあるでしょうが、玄米ごはん用や、炊飯器で炊き込みごはんを作ったあとのニオイ移りが気になる人用の“サブ炊飯器”としても使い勝手が良いのではないでしょうか。

白米炊飯と同じ分量の水を入れ、上に炊き込みごはんの具材を乗せて炊飯します。具材は絶対に米とかき混ぜて炊かないようにするのがおいしく炊くコツです

水に干し椎茸の戻し汁を加えたこともあり、うまみたっぷりの炊き込みごはんに仕上がりました

水に干し椎茸の戻し汁を加えたこともあり、うまみたっぷりの炊き込みごはんに仕上がりました

人生初のプリン作りはやや硬めの食感ながら、口溶けなめらかな仕上がりに!

最後に、85℃の低温調理モードプリンを作ってみました。筆者はおかず系の料理はそれなりに作りますが、おかし・スイーツ系はほぼ作った経験がありません。通常の料理以上に食材の量や工程に正確さが求められるイメージなのですが、果たして成功するでしょうか?

卵、砂糖、牛乳を混ぜ、バニラエッセンスを加えた原液を耐熱ガラス容器に流し込み、圧力鍋の上に敷いた付属の蒸し板に容器を並べます。原液は1度茶こしでこすことでなめらかさアップ。蒸気が冷えたつゆが入らないように、容器にはアルミホイルでふたをしました

写真では少しわかりにくいですが、容器の2/3が浸かる程度に水を張り、「低温85/30分」で調理開始。圧力調理と違い、かなり水量を使います

低温調理の場合は、おもりを「密封」でなく、「排気」に合わせて調理します

低温調理の場合は、おもりを「密封」でなく、「排気」に合わせて調理します

調理終了したら竹串を刺し、原液がついてこなければ完成。今回は固まりがやや弱く感じたので、さらに5分追加加熱しました

スプーンですくって口に入れると、ねっとりした食感がおいしい! 口溶けもなめらかで、街の洋菓子店で売られているプリンに近い味になりました

卵の量がレシピに載っていたよりやや少なくて、うまく固まるのか心配でしたが、結果としてはまったく問題ありませんでした。スイーツ作りに慣れた人なら、本機を使うことでスイーツ作りをより手軽かつ時短できると思います。ただし、直径6cm程度のカップが3個しか鍋に並べられないのは、やや物足りなく感じるかもしれません。

自動調理はもちろん手動調理の設定もシンプルで使いやすい

SR-MP300の操作性、使い勝手に関しても見ていきましょう。まず、ふたの開閉に関してはガス式の圧力鍋と比べるととても簡単で、ふたと本体の矢印を合わせてから、ふたを回せば簡単に閉められます。閉まる時にカチッとしっかりロックされた感覚があるのも好印象です。

本体の▲印にふた側の「ひらく」表示のある▲印を合わせてセットし、そのまま「しまる」側の▲印まで時計回りに回します

ボタン操作は、手動調理の場合は「手動調理」ボタンを押すごとにモードが切り替わり、目的のモードになったら加圧/加熱時間を設定し、「調理スタート」ボタンを押せば調理開始。自動調理の場合は「自動調理」ボタンを押すごとに自動調理コースの番号が進みます。

ボタン操作の基本は「手動調理」(左)と「自動調理」(右)の使い分け。それぞれ押す回数で調理モード/調理コースが切り替わると考えればよいです。ボタンはやや硬めで、押すのにちょっとだけ力が必要

本体背面に自動調理コースの名前と番号が書かれていて、すぐに確認できるのは便利です

本体背面に自動調理コースの名前と番号が書かれていて、すぐに確認できるのは便利です

なお、時間設定に関しては「10分」と「1分」の2つのボタンがありますが、例えば「19分」と設定したい場合、「10分」ボタンを1回と「1分」ボタンを9回押す必要があります。「1分」単位の設定のみ前後ボタン方式になれば、「10分」ボタンを2回押して「1分」のバックボタンを1回押せば19分に設定でき、時間設定を短くしたい時にも便利ではないかと思いました。

「1分」ボタンを何度も押すのは、ボタンが硬めのせいもありややめんどう。押し続けると早送りできますが、ここでもボタンの固さが気になります。また、押し続けて時間設定が1度オーバーすると逆戻りできず、取り消しボタンを押してから設定し直す必要があるのもめんどうでした

操作パネルには「予約」ボタンもあり、これを使うと自動調理のうち「カレー」や「肉じゃが」などで3〜12時間後までの「予約調理」が可能になります。朝出勤前に材料を入れて予約ボタンを押せば、12時間後に家に戻ったとき、出でき立てのカレーが食べられるわけです。また、調理スタート直後に、まず中身を一度加熱し、そのまま腐敗しない温度帯でキープするので、夏場も安心して使えます。さらに予約調理後は自動的に保温モードになってくれるので、帰りが少し遅れても料理が冷めてしまうことはありません。

なお、「予約」ボタンが使えるのは自動調理コースの「カレー」「肉じゃが」「角煮」「ヘルシースープ」「玄米」コースのみ。白米炊飯は、ニオイや変色の原因になるため、予約ができなくなっています。

ちなみに、本機には80種類のレシピが載ったレシピ集が同梱されています。さらに、公式Webサイトで「スペシャル20レシピ」も見ることができるので、おかずのバリエーションがかなり広がります。慣れてきたら一般の圧力鍋レシピを応用するのも難しくなさそうです(ちなみに圧力鍋の場合、加圧時間を食材の量で変える必要はないようです。ただし、容量オーバーは蒸気口からお湯が噴出したりするので厳禁!)。

写真は公式Webサイト上の「スペシャル20レシピ」。スマホやタブレットで手軽に見れるのはうれしいです。ちなみに本機に同梱のレシピ集も、公式ホームページから閲覧することができます。スーパーに買い物に行った際に、スマホで必要な食材の確認がすぐできて便利です

洗うパーツは多めだが、鍋がテフロン加工されていて手早く洗えるのがうれしい!

メンテナンスに関しては、通常の鍋よりパーツが多い分ややめんどうに感じます。鍋とふたのほか、ふたに付いているパッキン、おもり、ノズルキャップは使用後に毎回洗います。また、おもりとノズルの穴が詰まっていないかの確認も必要です。

ふたについているパッキン(左)、おもり(中央)、ノズルキャップ(右)。調理量が多くなければそれほど汚れるわけではありません

ふたの裏側は凹凸が多いので、洗い残しのないよう注意して洗います

ふたの裏側は凹凸が多いので、洗い残しのないよう注意して洗います

鍋はテフロン加工が施されているのがとても便利。ガス式の圧力鍋はステンレス製のものが多く、肉や魚を圧力調理した際の“アク”が鍋肌にこびりついて取りにくいのですが、この鍋はそのアクがスルッと落ちてくれます。炊飯後のこびり付き汚れもちょっとお湯に浸けておけば簡単に落ちます。

注意点としては、そのテフロン加工をできるだけ傷つけないように、洗う際はやわらかめのスポンジを使い、金属系やナイロン系のたわしは使わないこと。また、できた料理を取り分ける際も付属のプラスチック製おたまなどを使えば、鍋が傷つくリスクを減らせます。

豚角煮を作った際の鍋のアク汚れもこの程度。こびり付きも弱く、スポンジで簡単に落とせました

豚角煮を作った際の鍋のアク汚れもこの程度。こびり付きも弱く、スポンジで簡単に落とせました

本体上部のつゆ受け部分。金属製の突起がせり出しているために、奥にたまったつゆがやや拭き取りにくかったです

ちなみに、サバの味噌煮など、ニオイの強い料理を作ったあとは、パッキンにニオイが長く残りやすく、それが気になる人も多そう。それだけに、ニオイ取り用の「お手入れモード」は搭載してほしかったです。

サイズがコンパクトなので出しっぱなしで使いやすいのも魅力

設置性に関しては、小型炊飯器と同じくらいのサイズ感。こういう調理器具は1度棚に片付けると出して使うのがおっくうになりがちですが、これならキッチンに出しっぱなしで使えそうです。また、圧力モードに入る前の水蒸気の噴き出しがそれほど強くなく、すぐに圧力表示ピンが上がって噴き出しが収まるのもキッチンで使いやすいと感じました。

コンパクトサイズなので、普段は対面式キッチンカウンターに置き、調理はキッチンやテーブルに置いて行うこともできます

圧力調理だけでなく、多彩な調理法に対応しているから、日々の生活でひんぱんに使える!

本機は小型サイズながら「圧力調理」や「無水調理」「低温調理」など多彩な調理モードを備えて、マルチに使えるのが大きな魅力。自動調理コースが7つというのは少なく見えますが、手動調理もモード選択と加圧(加熱)時間の設定だけすればよいので、それほど問題だとは思いません。また、自動調理で食材がやわらかすぎると感じたら手動に切り替えて加圧時間を少し短くするなど調整もできます。いちいちレシピ集を出してくるのがめんどうなら、よく作る料理の加圧時間やレシピをメモに書き出したりスマホ写真に撮っておくのもいいでしょう。

「圧力1.7気圧」も、実際に調理してみてまったく不満は感じませんでした。角煮なども十分やわらかく仕上がりますし、煮崩れしやすいじゃがいもも加圧時間を守ればかなり煮崩れが防げます(ただし、できあがったあとはやさしくかき混ぜるなど配慮が必要)。「煮込み」モードが付いて、圧力調理後の仕上げがスムーズにできるのも何気に便利です。

角煮や黒豆のような、煮るのに時間がかかる料理を短時間で作るには圧力鍋が超便利。しかも電気式(マイコン式)なら水蒸気の出方に気を配ったり、細かく火加減を調節する手間も不要です

調理容量は2Lで、だいたい4〜5人分のおかずが作れます。2〜4人家族の作り置き惣菜を作るのにも、これくらいのサイズ感でこれくらいの量が作れるのはバランスがいいです。

お手入れに関しては、圧力鍋なのでそれなりに手間がかかりますが、鍋がテフロン加工済みで汚れが落ちやすいのは超便利です。 ちなみに、電気圧力鍋の多くはテフロン加工済み。「こびり付き汚れを洗うのがめんどう」でガス式の圧力鍋を使うのがおっくうになることが多く、これだけでも本機を含む電気圧力鍋を購入するメリットは大です。

写真はさばのみそ煮を作ったあとの鍋。こびりつきがまったくなく、中性洗剤とスポンジで簡単に汚れが落ちます。テフロンは固いものが当たると剥がれやすいのが弱点。汚れが落ちやすいメリットをできるだけ長く享受するためにも、おたまなど金属製の調理道具は避けるべきです

「圧力調理」というと、慣れない人は「難しい」イメージを持ちがちですが、SR-MP300なら、それが簡単設定で失敗なく作れます。また、無水調理モードが付いたことで、カレーや野菜の煮込みなど普段作る料理のグレードが格段に上がるのもメリット。そしてなにより、具材を鍋に入れてボタンを押したらあとはほったらかしで料理が完成するのが助かる! SR-MP300に1品目の調理を丸投げし、自分は別の料理を作るもよし、別の家事に取りかかるもよし。まさに、「家に届いたその日から大活躍間違いなし!」の調理家電です。

平島憲一郎

平島憲一郎

雑誌やWEB媒体において、生活家電の紹介記事やお試し記事を執筆。家電ジャンルは調理家電から掃除機、美容・健康家電など幅広くこなす。夫婦共働きのため、調理など家事も応分に担当(ただしあくまでダンナ目線)。立食いそばも好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る