いいモノ調査隊
オレイン酸42%、リノール酸37%の好バランス

春の健康診断前に! 玄米生まれのヘルシーオイルで食生活改善

「米油」って、知ってますか? サラダ油の原料には、菜種、綿実、大豆、ごま、紅花、ひまわり、とうもろこし、落花生などがありますが、米油は玄米の表皮と胚芽から作ったもの。玄米が体にいいことはよく知られていますが、米油は玄米の栄養がギッシリ詰まった米ぬか層から取れる油です。米油の特長の1つが、オレイン酸とリノール酸の割合のバランスがいいこと。ほかの植物油だと、どちらかに偏りがちですが、米油はオレイン酸42%、リノール酸37%になっており、体にいい成分をバランスよく摂ることができます。また、抗酸化作用があり、体の細胞の健康維持の助けになるビタミンEが豊富に含まれているのもうれしいメリット。米油はあっさりしているので、油物を食べた後でも胃がもたれません。揚げ物がカラッとあがるので、天ぷらに最適。

三和油脂 みづほこめ油

ビシャっとしがちな野菜の天ぷらだって

プロ級の仕上がり

プロ級の仕上がり

オレイン酸やリノール酸のほかにも体にいい成分が含まれています。その1つ、ビタミンEの一種トコトリエノールは、血液中の悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を抑えたり、ガンの予防効果も期待されています。唐揚げや豚カツなど揚げ物大好き! でもコレステロールや肥満も気になるという人は、油を変えてみてはいかがでしょうか? 健康のために野菜サラダを毎日食べるという人も、ドレッシングに使うオイルを米油にすると、よりヘルシーになるはず。お取り寄せで、ぜひお試しください。

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る