いいモノ調査隊
即席ラーメンに入れるだけで家系に!

こってり派必見! エバラの「豚背脂」が最強の調味料でした

こってり系が大好きな人に知ってほしい調味料

筆者は、家系ラーメンでは「(麺は)硬め」、「(スープは)濃いめ」、「(脂は)多め」。唐揚げにはマヨネーズをつけてかぶりつく。そんな食生活が大好きです。

今回はそんなこってりした料理が大好きな方向けに、家庭で使える有能な調味料をご紹介させてください。それがこちら、エバラの「豚背脂 こく粒」。

字体が物々しい

字体が物々しい

写真右下に容量が記載されていますが、一袋で800g。もはや業務用食材レベル…。

名前は「豚背脂」でも、中身は脂だけじゃない!

こちら、商品名のとおり背脂なのですが、原材料を確認するとネギとショウガも入っているもよう。脂だけでなく、香りづけもされている逸品なんです。つまりこれを料理に入れるだけで、味付けもできてこってりにもなっちゃうというスーパー調味料。

ネギとショウガがもともと入っています

ネギとショウガがもともと入っています

いよいよ中身をお見せしましょう。

ニュルッと出てくる背脂の塊

保存状態にもよりますが、白く固まった背脂がニュルッと出てきます。こってり系が大好きな筆者でも、さすがに二の足を踏むビジュアル…加齢のせいだろうか。

ニュルルル〜

ニュルルル〜

冬なので、スプーンでつぶれるくらいの硬さです。夏場だともっと柔らかくなるはず。ちなみに、開封前は常温でOKですが、一度開けたら冷蔵庫で保存するのがベター。

冷蔵庫に入れていても混ぜることはできる硬さ

冷蔵庫に入れていても混ぜることはできる硬さ

指で触るくらいの熱で溶け、透明な脂になります。熱するとほんのりネギやショウガの香りが漂います。

熱ですぐ溶けます。熱しすぎてネギやショウガが焦げるのには気を付けましょう

熱ですぐ溶けます。熱しすぎてネギやショウガが焦げるのには気を付けましょう

ラーメンに入れるだけで家系に変身!

即席ラーメン(ラ王)に背脂を入れて比較してみました。

一方は背脂入りで、もう一方はそのまま

一方は背脂入りで、もう一方はそのまま

もうすでにスープの色が違う

もうすでにスープの色が違う

なんなんだ、このコク!

こちらはノーマルバージョン。醤油の色が濃い

こちらはノーマルバージョン。醤油の色が濃い

背脂を入れたバージョン。家系ラーメンのスープのような色に

背脂を入れたバージョン。家系ラーメンのスープのような色に

スープに背脂が溶け込んだこの色。そして表面にうっすらと浮かぶ脂の粒と膜。これはおいしさの象徴といっても過言ではないと思います。ただ脂ぎっているわけでなく、ネギとショウガによってパンチもきいていて、プチ家系といったところだろう。

そのままでももちろんおいしいんですが、背脂を入れると口に入れた後の、鼻から抜ける香りが違う。味に深みが加わっているのがよくわかります。これがいわゆるコクというやつですね…。

スープの色も異なっており、背脂を入れたほうはガツンとくる感じ。コッテリ好きの人には絶対オススメしたい。スプーン1杯程度でこれほどコクが生まれるとは、まさに万能調味料です…。

野菜炒めや餃子など、すべてにコクがでます

ラーメン以外に背脂がよく似合う料理を(奥さんが)思案した結果、野菜炒めや餃子にもぴったりということがわかりました。

野菜炒めにもぐっとコクが増します

野菜炒めにもぐっとコクが増します

いつもの餃子レシピに背脂をinするだけで

いつもの餃子レシピに背脂をinするだけで

まるでプロが作ったような味に!

まるでプロが作ったような味に!

塩分は多めがおいしい

コッテリを究めたい方に対してだけの情報になりますが、脂を多めにして料理するときは少しだけ味を強め(とくに塩分を多め)にすることをおススメします。よりパンチのある味になり、コクが際立ちます。これまで以上にご飯が進むはず。
※ただし、くれぐれも健康にはご留意を…

結論:とにかく背脂は万能調味料

背脂を使って(奥さんが)料理をし、(自分が)食べてきましたが、結論としていえることは、エバラ「豚背脂 こく粒」は万能調味料、ということです。

こってり好きならぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る