いいモノ調査隊
まぐろ、りんご、ワカメ…と、青森がぎっしり詰まった「大間まぐろカレー」を食べてみた!

海を感じる…大間のまぐろとワカメが入ったご当地カレー

“ご当地もの”が人気です。日本人の“郷土愛”、“地元びいき”の表れなのでしょうね。そんな“ご当地”と聞いてまず頭に浮かぶのが、“ご当地ラーメン”。札幌ラーメン、喜多方ラーメン、高山ラーメン…など、どれも地元の特色満載です。そしてラーメンと並ぶ日本人の国民食といえば“カレー”。こちらにも当然“ご当地カレー”なるものが存在します。バラエティー豊かな数あるご当地カレーの中から、今回は「大間まぐろカレー」をご紹介したいと思います。“大間”といえばまぐろ。“まぐろ”といえば大間…といわれるほど有名ですが、いったいどんなカレーなのでしょう。

まずは、“大間”とはどこなのか? 日本地図を開いてみましょう。青森県をずーっと北にたどって、下北半島の先端に位置するのが、“大間崎”です。目の前には津軽半島があり、その先には北海道・函館市があります。ここで捕れるまぐろがどうして日本一といわれるのかというと、まずはデカイ! 別名「ホンマグロ」ともいわれ、まぐろの中ではもっとも大型の種類で、最大3mを超えるものもあり、最大で440kgほどのまぐろが水揚げされることもあるとか。そしてただデカイだけではありません。脂がのってウマイ! のです。津軽海峡は餌となるサバやイカなどが豊富にいるため、大間のまぐろは丸々と太り、脂がのっています。ウマイのはトロだけではなく、赤身も味わいが深く、高級すし店には欠かせないネタの1つ。競りでは高値で取り引きされることから、“ブラックダイヤモンド”と称されているほどです。

そんな大間のまぐろが入ったご当地カレーが今回試した「大間まぐろカレー」で、大間崎にある「大間観光土産センター」で発見しました。パッケージはこんな感じです。

大間まぐろカレー

大間のまぐろの迫力満点です。気になるのは「わかめ入り」という文字。カレーにわかめ? と思いますよね。その結果は、実際に賞味してからということで。そして「りんごジュース使用」と…こちらは納得。青森はりんごの名産地ですし、某大手食品メーカーが宣伝しているように、カレーにりんごが入っていてもなんの不思議もありません。

さて、パッケージの裏側を見ると「大間産まぐろとは…」と説明が書いてありました。一本釣りが有名とのことですが、確かに1匹数百kgもするまぐろを釣り上げるのは、何らかの機械の力を借りるとはいえ、漁師さんにとっては死闘というのもうなずけます。

写真はないのですが、裏側に書かれていた「大人の辛さ!! 海の男の味!!」というのが気になります。どんな味なんだ? さっそく、試してみましょう! 中身はシンプルです。レトルトパウチを湯煎して、ごはんと別盛りにしてみました。

カレーの見た目は普通なので、ごはんでまぐろ感を表現してみました

カレーの見た目は普通なので、ごはんでまぐろ感を表現してみました

カレーにはなんだか黒いもやっとしたものが、ここかしこに漂って見えます…実はこれが「わかめ」。食べてみると確かにわかめです。少しヌルッとしたわかめの食感があります。“海の味”を演出しているような気もしないでもないです。そしてこれが、大間のまぐろ!

大間まぐろカレー

脂ののったトロ…とはいきませんが、それなりにうま味が凝縮しています。具としてだけではなく、たぶんこのカレー全体にうま味を出す役割も果たしていると思います。味は、やや辛めの“大人の辛さ”。りんごジュースのほのかな甘さも感じられます。お取り寄せする価値は、十分にアリのご当地カレーです。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
生鮮食品・加工品のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る