いいモノ調査隊
押すたびにドロンジョ様に褒められたり叱られたりどきどきしそうなグッズ。褒められたいのに、叱りボイスばっかりでたら…><

誰もが押したかった。ヤッターマン「ポチッとなボタン」

テレビアニメ「タイムボカンシリーズ」の第二弾として登場した「ヤッターマン」はご存じですよね。オリジナル版の放送は、筆者が高校生だった1977年1月1日スタートとずいぶん昔のことですが、再放送も多く、リメイク版や実写の映画版も登場しているので、若い方にもファンが多いと思います。ちなみに、オリジナル版のキャラクターデザインはFFシリーズのキャラクターデザインで知られる天野喜孝さん、メカニックデザインはモビルスーツのデザインで有名な大河原邦男さんがつとめています。

ポチッとなボタン2

誰もが一度は押してみたかった、あこがれのボタンが目の前に

「ヤッターマン」でお馴染みのシーンといえば、クライマックスでボヤッキーが押す「ポチッとなボタン」。テレビを見ながら、あのボタンを押したいと思った人は筆者以外にもたくさんいるはず。今回ご紹介するのは、そんな子どもの頃からの願いがかなうグッズです。

ボタンを押すと6種類の音声+シークレット音声を聞くことができます

ボタンを押すと6種類の音声+シークレット音声を聞くことができます

筆者がゲットしたのは「ポチッとなボタン2」のドロンジョバージョン。第一弾の「ポチッなボタン」は、アニメの音声を収録。「2」は実写映画版の音声を収録したもので、ドロンジョバージョンでは深田恭子さんが演じています。また、「2」ではヤッターマン1号とボヤッキー&トンズラーバージョンもありますが、嵐の櫻井翔さんのヤッターマン1号バージョンは非常に入手困難な状況です。

ちなみに、せりふは、「期待してるよ」・「やっておしまい!!」・「このスカポンタン!!」・「ただじゃおかないよ!」・「やるね〜さすがだね〜天才だね〜」・「なんだいなんだいこりゃなんだい!?」の6種類に、シークレットが1種類。筆者は誉められてのびるタイプなので、「このスカポンタン!!」といわれるより、「やるね〜さすがだね〜天才だね〜」といわれる方が好きです♪

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る