いいモノ調査隊
お鍋、しゃぶしゃぶにも!

いつものおでんがワンランクアップ! 便利グッズで「最高のおでん」を楽しもう

自宅の「おでん」レベルをワンランクアップしてくれるグッズ

寒いと食べたくなる「おでん」!


コンビニで買ってきてもいいし、自宅の土鍋でグツグツ煮込んだおでんもサイコーですよね。

……というわけで今回は、楽しいおでんをさらに漫喫するためのグッズを紹介しましょう。

まずは「ニューIH対応土鍋」!

まずは「ニューIH対応土鍋」!

普通の土鍋は当然「土」でできているのでIH調理器では使用できませんが、これはIH対応!

IH対応の土鍋自体はたくさん出ているものの、鍋の中に金属のプレートを敷くようなタイプが多く、あまり使い勝手がよくないんですよね。

しかしコレは土鍋の底にIH対応の金属が埋め込まれているため、普通の土鍋と同じ感覚で使うことができます。

この黒い部分がミソ!

この黒い部分がミソ!

キッチンでの調理はもちろん、卓上のIH調理器を使えば、カセットコンロいらずで、食卓やこたつで鍋を煮込むこともできます。

食卓で火を使うのに抵抗がある人にもいいですよ!

「タイマー」や「保温」などIHならではの便利機能を活用できるのもうれしい

「タイマー」や「保温」などIHならではの便利機能を活用できるのもうれしい

続いて、「おでん仕切り」!

続いて、「おでん仕切り」!

煮込めば煮込むほど、味がしみ込んでおいしくなるおでんですが、普通の土鍋でグツグツ煮込んでいると、すべての具材が混ざってしまいグッチャグチャになりがち。

コレはコレでおいしかったりするんですけど、やはりビジュアル的に……

コレはコレでおいしかったりするんですけど、やはりビジュアル的に……

おでん屋さんのような、仕切りのついた鍋があればベストですが、おでんのためだけに専用の鍋を買うというのも大げさ。

そんな悩みを解消してくれるのが、この「おでん仕切り」ですよ。

こんな感じで鍋の中に入れれば……

こんな感じで鍋の中に入れれば……

具材ごとにパーティションを分けて煮込むことができるんです

具材ごとにパーティションを分けて煮込むことができるんです

小一時間煮込んでも、グチャグチャになってなーい!

小一時間煮込んでも、グチャグチャになってなーい!

まだまだあるぞ「おでん」便利グッズ

「水切りおたま」

「水切りおたま」

完成したおでんを食べるにあたって、具&汁を一緒にすくいたいときもあるし、具だけをすくいたいときもありますよね。

そのどちらにも対応できるのが、このおたま。

まあ、見た目そのまんまですが、ここに穴が空いているので……

まあ、見た目そのまんまですが、ここに穴が開いているので……

普通に具&汁をすくうこともできるし

普通に具&汁をすくうこともできるし

傾ければ、水分を切ることもできるんです

傾ければ、水分を切ることもできるんです

さてこのおたま。使わないときにどこに置いておくのがいいのか……意外とじゃまですよね。

こういうところに置きがち

こういうところに置きがち

そんなときに便利なのが「ポットクリップ」

そんなときに便利なのが「ポットクリップ」

こんな感じで鍋のフチにはさむようにくっつけると……

こんな感じで鍋のフチにはさむようにくっつけると……

おたま置き場を作ることができるんです。地味に便利!

おたま置き場を作ることができるんです。地味に便利!

次なるグッズは「シリコン菜ばし」

次なるグッズは「シリコン菜ばし」

形崩れやすいし、滑りやすいしで、意外と箸でつかむのが難しいおでん。

特に「ゆでたまご」あたりはツルツル滑っていつまでたっても取れないから、箸を突き刺して取り出しちゃったりすることも。

しかしこの箸は、先端の赤くなっている部分がシリコン製で、滑り止めになってくれるんですよ。

つかみづらい「ゆでたまご」も簡単に!

つかみづらい「ゆでたまご」も簡単に!

おでん以外に、鍋焼きうどんなんかも(ウチでは、おでんのシメにうどんを入れます!)箸でつかみづらいですが……。

このとおり!

このとおり!

煮物系の料理で面倒くさいのが「あく取り」

煮物系の料理で面倒くさいのが「あく取り」

ていねいに取ったほうがおいしくなるんだろうとは思いつつも、いちいちおたまであくをすくうのは面倒くさいし、汁も減ってしまいます……。

そんなときには「あく取りブラシ」!

そんなときには「あく取りブラシ」!

コレでススーッと「あく」をなでていくと……キレイに取れた!

コレでススーッと「あく」をなでていくと……キレイに取れた!

「あく」を取った後は、水を入れたお椀ですすげば、繰り返し使えます

「あく」を取った後は、水を入れたお椀ですすげば、繰り返し使えます

おでんを食べるなら、手作り「ねりからし」で!

最後に、便利グッズではないんですが、おでんを食べるにあたってオススメしておきたいものが……。

「粉からし」!

「粉からし」!

おでんに「からし」は必須ですが、チューブの「ねりからし」を使っている人が多いんじゃないでしょうか。

チューブの「ねりからし」もいいけど、自分で「粉からし」から作った「ねりからし」は別格なんですよ。

10gの「粉からし」に対して

10gの「粉からし」に対して

20ccのぬるま湯を入れて、練ると……

20ccのぬるま湯を入れて、練ると……

簡単に「ねりからし」が完成!

この段階で、鼻にツーンとくる刺激臭がビンビンに放たれています。風味がすぐに飛んでしまうので、「ねりからし」はその都度作るのがおすすめなんです。

ついでに「ちょうちん」を下げれば雰囲気もバッチリ!?

ついでに「ちょうちん」を下げれば雰囲気もバッチリ!?

大根にチョロッと「ねりからし」をつけて……

大根にチョロッと「ねりからし」をつけて……

いただきまーす!

いただきまーす!


ス・ゴ・イ!

作りたての「ねりからし」は、ちょっとの量でも刺激が強くて、味のしみ込んだおでんとメチャクチャ合う!

手作りの「ねりからし」と、おでん便利グッズで、今年の冬はワンランク上のおでんライフを漫喫してください。

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る