いいモノ調査隊
野菜のカットが楽しくなっちゃう

サラダが華やかに! 野菜を“ワッフルカット”できるスゴ技ピーラー

世の中にピーラーは数あれど…

調理にかかる手間や作業時間を大幅に削減してくれる調理グッズの定番といえば、“ピーラー”。野菜や果物の皮をむくのはもちろん、千切りなど包丁を使わなくても簡単で効率よく行うことができる、主婦のありがたき味方です。そんなピーラーの中でも今回ご紹介する商品は、盛り付けの際の見た目も華やかにしてくれる便利グッズです。

本体(左)+替え刃が2種類付属

本体(左)+替え刃が2種類付属

本体のサイズは、幅約3cm×奥行き24cm×高さ3.5cmと、ピーラーとしては大きめ。本体のおよそ半分が持ち手部分、半分が刃の部分にあたります。

ハンドル部分の付け根にあるくぼみに親指を引っ掛けることができます。これにより安定して握ることができ、力を入れやすいです

ニンジンをあっという間に“ギザギザ”カット

刃の部分は交換式で、セットになっている2種類の刃を付け替えて使うことができます。このうちユニークなのが「ギザ刃」と呼ばれるパーツ。その名が示すとおり、テープカッターのように波形にギザギザになった刃なのですが、刃の動かし方で2種類の方法でスライスが可能です。

1つ目が“ウェーブカット”。刃を食材の上に軽く載せて、そのまま真っ直ぐ下方向へスライドさせると、刃の形どおりの波形模様にスライスできます。

ウェーブカット用の「ギザ刃」。波形にギザギザの形状になっています

ウェーブカット用の「ギザ刃」。波形にギザギザの形状になっています

ギザ刃を真っ直ぐにスライドさせると、ストライプ模様にスライスできます

ギザ刃を真っ直ぐにスライドさせると、ストライプ模様にスライスできます

もう1つは“ワッフルカット”。刃を動かす方向をXの字を描くように左右に交互に変えることで、表面が細かい網の目になった状態でスライスされます。見た目も華やかな飾り切りが本当にこんなに単純な仕組みで可能なのかと使用前はなんとなく半信半疑でしたが、まずはウェーブカットを試してみたところ、すぐに納得。ウェーブカットした切り口を交互にしていくというだけのことなんですね。考えてみたら簡単なことですが、なかなか目からウロコな方法です。

ワッフルカット。切り口に対してX字を描くように刃を交互にスライスすると、網目模様の薄切りに!

ワッフルカット。切り口に対してX字を描くように刃を交互にスライスすると、網目模様の薄切りに!

ニンジンやキュウリ、大根などを生のまま模様を付けてスライスしただけで、いつものサラダがちょっとオシャレにセンスアップ。表面にくぼみができたことにより、ドレッシングも絡みやすくなり、シャキシャキとした食感にもなり、真っ直ぐにカットした生野菜よりもおいしさもアップします。

もちろん千切りだってお手のもの

そしてもう1つ付属している“平刃”はキャベツの千切りや、ごぼうのささがき、ニンジンやネギの輪切り、大根のかつらむきといった作業に最適。刃が当たる角度を変えることでスライスする厚みを調整可能で、最薄1mmにスライスできます。

「平刃」に交換。真っ直ぐな刃ですが、皮むき用のピーラーよりも刃渡りが長いのが特徴

「平刃」に交換。真っ直ぐな刃ですが、皮むき用のピーラーよりも刃渡りが長いのが特徴

キャベツの千切りも切り口に対して、真っ直ぐに刃を動かすだけで、こんなにも細かくカット。今までの包丁切りが何だったのかと思うほど簡単!

キュウリの薄切りもこんなに薄く! 酢の物用のキュウリの薄いスライスも手間をかけずに簡単に!

キュウリの薄切りもこんなに薄く! 酢の物用のキュウリの薄いスライスも手間をかけずに簡単に!

レフティーも安心! 両手で使用可能

使用されている刃と周りのフレームは、日本製のステンレス仕様で、丈夫さや安全性にも信頼感があります。刃の付け替えも取り付け穴と軸に合わせて押さえ込んだりはめたりするだけのほぼワンタッチです。ハンドル部分の端に親指を引っ掛けるくぼみがあるため、本体を安定して動かすことができるのも秀逸です。

刃の付け替えは軸を合わせて押さえこむだけ。刃の取り付け方向を反対にすれば、右利き・左利き関係なく使用可能です

見た目にこだわったおもてなしのお料理からデイリーな調理作業のアシストまでマルチに活用できる、使い勝手とパフォーマンスに優れたピーラーです。

スライスした野菜を活用したサラダ。模様が付くだけで、見た目も華やかになって食欲をそそります

スライスした野菜を活用したサラダ。模様が付くだけで、見た目も華やかになって食欲をそそります

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る