いいモノ調査隊
チーズはもちろん、ニンニク、玉ねぎ、人参、柑橘類の皮、生姜…と何でもOK! 今までのおろし金はなんだったんだ…と感じるほどの実力の持ち主です。

プロも御用達。なでるだけでドバドバ削れる最強のおろし金

シーザーサラダの上に乗っている、細かくてふわふわのチーズ。味がおいしいのはもっともなのですが、あのビジュアルがおいしさを倍増させているような気がします。でも、家にある普通のおろし器でチーズを削っても、なぜかふわふわにならないんですよね。いろいろ試していたら、ついにアレができるおろし金を見つけた! Microplane (マイクロプレイン)の「ゼスターグレーター」という細長いおろし金です。

保護カバーが付いています

保護カバーが付いています

細かく刃付けされています

細かく刃付けされています

まず見た目がプロっぽいですよね。イタリアンのお店なんかで使っているのを見たことがあります。初めて使った時は驚きました。軽〜くなでるだけで、軽〜くふわふわになったチーズがどんどんでてくるんです。

はい! これです、これ! この細かいチーズです!

はい! これです、これ! この細かいチーズです!

強そうな見た目に反して、チーズが滑らかにおろし金の上をすべっていきます。滑らせるだけで、ドバドバと細かくなったチーズが出ていく! おいしそうなのはもちろんですが…楽しい!!

楽すぎて、手が止まりません!

楽すぎて、手が止まりません!

トマト料理にもかけてみました。

まるでかつお節のようにふわふわです

まるでかつお節のようにふわふわです

このゼスターグレーターはチーズ専用というわけではありません。チーズはもちろん、柑橘類の皮、生姜、ニンニク、アーモンド、チョコレート、玉ねぎなど、おろすのであれば基本的に何でもいけます。

普通のおろし器だと繊維が残ってしまう生姜をおろしてみました。すると繊維が残ることなく、非常に細かいおろし生姜ができたのです。おろしたというよりも「スベらせてたらおろし生姜ができていた」という感覚。ほとんど力がいりません。

非常に細かくおろせます

非常に細かくおろせます

せっかくなので、生姜焼きを作ってみました。

おいしいに決まってます

おいしいに決まってます

スイーツ用に柑橘類の皮をおろしてもいいですね。

こちらも力いらずでおろすことができます

こちらも力いらずでおろすことができます

ちなみに、自宅にあったプラスチックのおろし金では刃が立たず、おろせませんでした。

刃が立たなかった…

刃が立たなかった…

ゼスターグレーターのメーカーであるMicroplane (マイクロプレイン)は、元々木工ヤスリのメーカーで、その独自技術を使っておろし金を作ったんだとか。言われてみれば…おろし金を使用しているというよりも、ヤスリでこすっている感覚もあったかもしれません。どの食材も非常に細かくおろすことができました。また、おろし金にありがちな掃除の面倒さがないのもポイント。水で流せばほとんどの繊維が目に詰まることなく落ちていきます。残った繊維も、スポンジやブラシでこすればパッと取り除くことができました。

水洗いで簡単に汚れが落ちました

水洗いで簡単に汚れが落ちました

これはものすごく便利。チーズはついドバドバとおろしてしまいますし、繊維がしっかりした野菜も非常に細かくおろすことができます。ますます料理が楽しくなりそうです(我が家の場合は作る専門の奥さんが、ですけど…)。

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る