いいモノ調査隊

レンジでチンするだけ!スティック型のスナックが自作できる!

“自家製○○”が大好きな筆者。かねてより挑戦してみたいと思っていたおやつのひとつがプリッツ。どうやったら家庭で作れるのだろうと、レシピサイトを検索したり脳内で研究を重ねておりましたが、「これはまさに!」といううってつけのツールを発見しました。

直径約25センチの本体。外国語版と日本語版のレシピ集が付属する

直径約25センチの本体。外国語版と日本語版のレシピ集が付属する

スチームクッキングなど、電子レンジを利用したさまざまな調理グッズを発売しているLekue(ルクエ)のスティック型です。生地を流し込み、電子レンジでチンするだけでスティック状のスナックが完成するとか。本当にそんなに簡単にできるものなのかと半信半疑のまま、とりあえず購入してみました。

パッケージから取り出すと、入っているのは円状のシリコン製の型。大きさは電子レンジのターンテーブルぐらいで結構大きいです。内側に生地を流し込むための棒状の窪みがあります。付属のレシピ集の中から“ソフトスティック(ソルティ)”を作ってみました。

材料は、薄力粉、ヨーグルト、卵、オリーブオイル、ベーキングパウダー、砂糖、塩、こしょうのみ。これにお好みでスパイスや食材を混ぜれば、さまざまなフレーバーのバリエーションが楽しめます。

生地を型に流し込むには、絞り出し袋やデコレーションペン容器など、先が細長く流し込めるものを利用すると簡単です。流し込みが終わったら、後は電子レンジでチンするだけ。

棒状の型に流し込むには、絞り出し袋を使うと便利。加熱すると膨張するので、型いっぱいでなくても一筋生地を流し込む程度で大丈夫

棒状の型に流し込むには、絞り出し袋を使うと便利。加熱すると膨張するので、型いっぱいでなくても一筋生地を流し込む程度で大丈夫

「電子レンジで本当にプリッツができるんだろうか……?」との不安をよそに、レシピどおり4分後、レンジの扉を開けると、なんとなくそれっぽいものができあがっていました。手で触った感じがスティックパンのように柔らかかったので、プリッツのような固さになるまで少しずつ追加過熱。いい感じのところで、型から外して取り出しました。

加熱後の状態。柔軟性のあるシリコン素材なので、本体を少し捻るだけで難なく型から外せる

加熱後の状態。柔軟性のあるシリコン素材なので、本体を少し捻るだけで難なく型から外せる

試食した感想は、外側はカリッとして中はサクッとしたまさにプリッツ。揚げたり、焼いたりしていないのに、これほど簡単にプリッツができてしまうとは思ってもみませんでした。

付属のレシピ集には、他にも材料を変えたり、オーブンで加熱したり調理方法の違いで、無塩バターを使ったサブレ状のスティックやパン粉を使用したクルトン風のスティックなども紹介されています。チョコレートを絡めれば“ポッキー”風のおやつが家庭で簡単にできてしまいます。余った食材や自宅にあるスパイスを駆使して、オリジナルフレーバーの自作スナックを楽しんでみてはいかがでしょうか?

追加過熱を数回重ねて硬めに仕上げたブラックペッパー&パルメザンチーズ味のプリッツ(右)と、パンのように柔らかく仕上げたパプリカ&カイエンペッパー味のソフトスティック(左)。どちらもビールのおつまみに最適!

追加過熱を数回重ねて硬めに仕上げたブラックペッパー&パルメザンチーズ味のプリッツ(右)と、パンのように柔らかく仕上げたパプリカ&カイエンペッパー味のソフトスティック(左)。どちらもビールのおつまみに最適!

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
  • Lekue スティックス

  • 参考価格 -

  • 2017年12月18日 11:12 現在

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る